笑顔の男性

  

税金対策として利用

勉強する二人

あなたの今加入している保険は、本当にななたのライフスタイルに合っていますか。就職・結婚・出産・退職。その時々に合ったプランを見直しませんか。一口に保険と言っても、いろいろな会社が、さまざまな商品を取り扱っています。まず大きくわけて2つあります。1つは万が一、あなたが死亡もしくは高度障害を持ってしまった時、残された家族のためにお金を残す、定期保険。もう一つは、三大疾病やその他の病気の時に支払われる医療。いまや2人に1人はなるとされているがんの治療を目的としたもの。学資等貯蓄を目的としたもの。将来介護が必要になった時支払われるもの。老後一定の金額が支払われる年金等、あなたが生きていくうえで必要とされる保険です。

定期とは、一定の年数の間に、死亡または高度障害になった場合に遺族に支払われるもので、早いところだと、55歳満期・60歳満期などがあり、その年齢以降は保障されません。掛け捨てのものがほとんどなので、加入するのがもったいないと思われがちですが、あくまでも万が一。その分若い世代の方が加入すると、掛け金は安くなります。しかし、結婚していない・共働きで子供がいない等、就職したての方には少し不向きかもしれません。結婚を機に、出産を機にという方のほうが多いのではないでしょうか。次に、生きていくうえで必要とされるものです。医療に加入している方はたくさんいますが、若い世代のかたはあまりがん保険に加入されていません。まだ若いからとリアリティがないのでしょう。しかしそれはまちがいです。一度がんになってしまうと、その商品には入る事は難しいのです。先進医療などを受けると、700万程の治療費がかかる事があります。また長期にわたる治療だとすべての期間保障されないものもあります。今一度、自分の加入している保険と見直す必要があるのです。