笑顔の男性

  

役員への報酬

勉強する二人

定期預金が本当に一般に浸透しているとおもう。代々、富裕層から、一般庶民層まで定期預金は安心して利用できる。普通預金のように容易くひきだすことができないのが本当によい。浪費家の私はつねに口座をもっている。やはり、一部解約にしてもちょっと手間がかかるのが、本当にうれしい。たやすく解約できるのであれば、浪費家の私にとっては危険であり、家計は不安定。本当に安心してりようできる口座である。生活をしていれば、将来にたいして備えるのはあたりまえであり、所得がひくくなればなるほど、預金額を多くすべきである。いくら収入があってもきちんと預金していなければ全く意味がない。お金は本当に大事なものである。本当に気をつけたい。

昔は保険といえば、いざとなった場合の備えであったが、近年、外資の保険商品がでまわることにより、投資性も含む保険がおおくなってきた。確かにいざというときの備えはマストであるが、プラス、投資性があるとお得感があるので、保険の購買欲がわく。預金利率が本当に最低の利率である今、保険のような投資で利率を少しでもあげておくというのは将来的に頼もしい。それに保険であるので、まさかのときの備えになるのは、鬼に金棒である。外資はちょっとなじみがないという人も多いと思うが、一度外資の会社に直接出向き、商品説明をきくといいとおもう。本当にすばらしい商品が多い。素人では怖いというイメージも、あるかもしれないが、本当に得な情報がいっぱいきけるのである。