笑顔の男性

  

業者への相談

勉強する二人

日本人は掛け捨ての保険が嫌いであって、一時金や満期金のある商品タイプを好む傾向にありました。万一に備える生命保険においても、掛け捨ての定期保険ではなく定期付終身や積立型や年金タイプなどが主流になっていました。しかし、保険料の負担が少ないのは掛け捨ての商品であって、最近ではそのメリットが見直されています。満期金があったり、解約返戻金があったりするタイプの商品は、保険料を運用した成果を受け取るだけであって、運用する資金の出費が伴うことを契約者が理解してきたためです。特に、医療系の商品は掛け捨てのものが多く、その普及率が高まってきたことも背景にあります。生存祝い金のあるような商品もそのための資金を支出していることが理解されるようになっています。

満期金のあるような商品や積立タイプの商品は長引く低金利の影響で減少しています。特に、保険料を一括で払い込む一時払い商品は取扱を中止するケースも増加しています。運用難が商品提供にも影響を及ぼしているのであって、そのことが掛け捨てタイプの商品の増加につながっています。今後もこの傾向は継続すると見られています。なお、自己責任で運用する変額個人年金のような価格変動商品は取扱が増加していますが、元本の保障はありませんのでリスクを伴う商品であると言えます。定期よりも終身と言われた時代が終わり、最近では保障逓減タイプや所得保障タイプなどの掛け捨て型の商品が続々と開発されて、多くの人から支持されるようになっています。